妊娠中に性病に感染すると、母子感染を引き起こしてしまうことがあります。クラミジア感染症やHIV感染症、淋菌感染症、梅毒、性器ヘルペス、B型肝炎などは、母子感染の危険があるとされる性病です。
赤ちゃんが性病にかかってしまうと、重症化してしまったり、乳幼児突然死症候群を発症しやすいといわれています。
例えば梅毒は、妊娠している女性が感染していると胎盤を通して母子感染してしまうことがあり、お腹の赤ちゃんが先天性梅毒になってしまうことがあります。その確率は60%から80%といわれており、高い確率で感染してしまいます。
先天性梅毒には2種類あり、早期先天梅毒と晩期先天梅毒に分けることができます。早期先天梅毒の場合には生後3か月以内に、発育不全や手足の骨の炎症、黄疸、リンパ節の腫れ、肝臓やすい臓の腫れなどの障害が現れます。
晩期先天梅毒の場合には、学童期以降に内示性難聴やハッチソン歯、実質性角膜炎などの障害が現れるとされています。
梅毒は初期の妊婦健診に検査が含まれているので、妊婦健診を受けていれば必要な治療を行うことができます。それにより赤ちゃんの障害の発生や重症化を防げるので、妊婦健診を受けることが重要です。

それからクラミジアの母子感染も、赤ちゃんに肺炎や結膜炎などを引き起こすと言われています。抵抗力の弱い生後まもなくの時期に発症するため、重症化してしまうこともあります。
場合によっては命に関わるケースもあるので、非常に恐ろしい病気です。また、流産や早産を引き起こすリスクも上がると言われているので注意が必要です。
特にクラミジアは自覚症状がないことも多く、感染していることに全く気付いていないという女性も多いものです。ただクラミジアも妊婦健診に含まれていますので、感染していることが分かれば適切な治療を受けることができます。
抗生物質を服用して治療する方法がとられますが、妊娠中に飲んでも大丈夫な薬なので安心です。

淋菌感染症の場合にはお母さんの卵管や子宮内膜に炎症が起きる為、流産や早産のリスクが上がるとされています。そして、赤ちゃんが母子感染してしまうと、淋菌性結膜炎や尿道炎、関節炎を引き起こすといわれています。
特に淋菌性結膜炎になってしまった場合には、失明してしまうこともあります。
多くの性病はお母さんが感染していることが分かっていれば母子感染を防ぐことができるので、妊婦健診を受けたり、症状がある場合には早めに検査を受けることが大切です。

母子感染は出産時にも問題を引き起こす

性病が母子感染してしまうと、出産時にも大きな問題を引き起こすことがあります。性病の中には胎盤を通して赤ちゃんに感染するものもありますが、出産時に産道を通ることで感染を引き起こすこともあります。
赤ちゃんが産道を通ることによる母子感染は、「産道感染」と呼ばれることもあります。
産道感染の代表的な例をあげると、クラミジアや淋菌感染症、性器ヘルペスなどがあげられます。この中でも、特にヘルペスは危険度が高いとされています。
赤ちゃんがヘルペスに感染してしまうと、死亡するリスクが非常に高くなるからです。そのためお母さんが性器ヘルペスに感染していることが分かっている場合には、一般的に帝王切開による出産が勧められます。
ただし、性器ヘルペスの症状が全くない場合などには普通分娩を行うこともできるので、医師と相談することが重要です。

また、お母さんがHIVに感染している場合にも、帝王切開による出産となります。この場合の帝王切開は予定帝王切開と呼ばれるもので、陣痛が始まってから行われる帝王切開とは異なります。
陣痛が始まってから帝王切開を行った場合には、胎盤から漏れる血液によって赤ちゃんが感染してしまうことがあるからです。