性生活を持つ人であれば、誰にでもかかるリスクのあるのが性病です。性交渉が活発な人だけが気にすればいいと考えているのであれば、それは大いなる誤解と言うべきでしょう。
一般的な性交渉を持つ人は誰にでもこの病気のリスクに直面しているといっても過言ではありません。予防のための避妊具の使用は推奨されますが、やはり病気になってしまったときに備えを怠らないことが大事です。

性病と一口に言っても潜伏期間から症状や経過にいたるまで、千差万別ですが症状として共通しているのは性交渉をもった後数日程度で、性器周辺に違和感やかゆみを覚えることが多いのが特徴です。
単なる下着のむれや、あせも、あるいは単なるオリモノと思っていたのが初発症状や病気の兆候だったりすることも少なくありません。性器周辺に違和感を覚えたら、1週間程度さかのぼって性生活を持っていないかどうかを思い出して確認してみましょう。
心当たりがあれば、性病を診察しているクリニックへの受診を検討してみましょう。診療科目としては、泌尿器科や性病科、女性であれば婦人科に受診すれば適切な検査や治療を開始してくれます。
気になる症状を説明して、心当たりのある性交渉歴についても明らかにすれば潜伏期間からどの病気に該当するのかの有力な指標になります。
若干恥ずかしい思いをするかもしれませんが、病気の治療と割り切って、率直に説明する方が診療はうまく進みます。

ところで性病は病原菌やウィルスを原因とする感染症です。そのため病院では検査によって原因菌を特定して抗生物質を処方され、一定期間の服用を求められるのが通常の治療スタイルです。
症状が深刻で合併症を併発している場合には、入院したうえで注射によって抗生物質の投与が行われますが、普通は飲み薬のタイプの抗生物質が処方されます。
性病の原因菌の多くは、従来から使用されている抗生物質が良く効くので、病院で処方される薬も特別な新薬が処方されることはあまりありません。
医師の指示通りに抗生物質を服用していれば、多くの場合数週間程度で症状が治まり、原因菌も体内から根絶されて治癒することになります。
注意が必要なのは、症状がおさまっても薬は指示された期間はきっちり服用することです。症状が消えて自己判断で服用を中止することは、耐性菌の発生のリスクが高まるので絶対にやめましょう。
性病は治療法が確立されているので、対処法を誤らなければそれほど恐れる必要はない病気と言えるでしょう。

手元に治療薬があると直ぐに治療を開始できる

しかしながら、やはり性病の症状については、たとえ医師を相手にしてもつまびらかにするのに抵抗感を持つ人も少なくありません。
治療に使用される抗生物質の多くはジェネリックも販売されており、安価な薬が多いと言えます。ところでジェネリックとはいわゆる後発薬のことで、特許期間が切れた薬について、オリジナルの薬に比べて安価な薬価が設定されています。
通常抗生物質の入手には処方箋が必要ですが、最近では輸入代行業者がネット通販で安価な抗生物質を販売しています。
このような専門業者を利用してジェネリックの抗生物質を常備しておけば、気になる症状があっても速やかに治療を始めることができます。

ネット通販でジェネリックの抗生物質を入手する際に重要なのは、自分なりに原因菌を見極めることです。抗生物質のなかには性病の原因菌に幅広く効果を見せる薬もあるので、自分の症状をよく観察して薬選びをするようにしてください。
性病はかつては医師の処方がないと、抗生物質を入手できませんでしたが、ネット通販が発達した今日では、輸入代行業者を利用すれば安価に手に入り、常備薬のひとつとして抗生物質を手にすることが可能になりました。
性病が気になったら、抗生物質を常備薬にしておくことですぐに治療を開始することができます。ただし、原因菌に効果が見られる薬を服用しないと意味がないので、ネットで検索するなどして、性病について自己判断をすることが必要です。