性病は男女ともに性交渉の中で蔓延していくことが多いです。しかし男性の場合は比較的すぐにわかることが多いですが、女性の場合は感染に気付くことが遅くなることが多い傾向にあります。その理由に感染部位の露出があるかどうかがあげられます。
性器に性病が感染した場合、男性の場合は陰茎部分は露出しています。そのため肉眼でも確認しやすいことと入浴や排泄などで直接触る機会も多いため、発見することも多いです。
しかし女性の場合、接触する部分である膣内は肉眼での確認は難しいです。また自分で内部まで触れることは少ないため、自然と性病が進行してからの発覚になることが多いです。

またクラミジアのように陰毛部分に感染する場合に関しても同様に女性の方が発覚は遅い傾向があります。男性は陰毛をまめに手入れする人は少なく、放置している人の方が多いです。そのため痒みや違和感にはすぐに気づきやすいです。
しかし女性はアンダーヘアの手入れをまめに行う人が多いため、日常的に触れているため、多少痒みがあっても処理のためと勘違いして放置してしまう傾向にあります。
また日常的におりものをつけているため、湿度の高い状態にあることで菌の繁殖や臭いの発生につながりやすいです。
そして痒みがあってもおりものとの摩擦によることでも起こることが多いため、勘違いしてしまう要素としては男性以上に多いことからも発覚が遅れやすいです。

そして性病の中には排尿時に痛みを伴うものもあります。痛みは人の防御反応の一つであり危険性も高いです。しかし女性の排尿時の痛みに関しては膀胱炎と勘違いしてしまう人も多いです。
男性に比べて女性は尿道の長さも短いことと構造的に発生しやすいことに加えて、場面によっては男性以上に排尿を我慢してしまうことが多いです。そのため排尿時の痛みは性病ではなく膀胱炎と勘違いしてしまい、放置されやすいです。
女性は他にも生理による体調の変化やホルモンバランスの乱れなど様々な要素があり、体調の変化は伴いやすいです。
また自分が性病に感染していると想定していないことが多く、他に理由付けができる要素が多いことからも男性以上に発覚が遅れてしまいます。
しかし性病は放置することで症状が悪化してしまうことと周囲への感染を招いてしまいます。また重症化することで妊娠への影響も及ぼしてしまうこともあります。
また男性以上に気付きにくい要素が多いことと重症化してしまいやすいため、違和感や変化には注意が必要です。

いつもと違う感じなら性病検査が必要

性病は感染してもすぐに症状が出ることは少なく、潜伏期間もあります。そして徐々に症状があらわれてくることが多いです。そのときにいつもと違う違和感を覚えることが多いです。
具体的には臭いが異なったり、おりものについた色や状態・痒みなど様々です。
痒みに関しては表面的なものが多いですが、特に臭いやおりものの状態の変化に関しては体内での菌の繁殖によって引き起こされることが多いです。そのため違和感を感じた時は放置せずに性病検査を早期より受けることが必要と言えます。

性病検査にもいくつかの種類がり、血液検査や膣内の状態の確認など幅広いです。しかし多くは専門機関で問診をしてそこからある程度の可能性を絞り、検査に移行することが多いです。
また専門機関の多くは女性勤務が多く、男性の割合は少ないためプライバシーに配慮して行うことも可能と言えます。
自覚症状だけでは体調の変化なのか性病なのかを判別することは難しいです。そして性病によっては進行する中で一時的に症状が治まったり出現したりを繰り返すこともあります。
そのため自分の判断だけで大丈夫と決めてしまい、重症化を引きおこしてしまうのではなくしっかりと専門機関で検査して問題があれば治療に努めることが必要と言えます。